2015年10月27日火曜日

アルパカ100%の3.000nm糸『PILAR(ピラール)』は自然なボーダーになるのです


























(今回は右側ニットに使われている新しい糸のお話。)


先日の文化祭でお披露目となった新しい糸、
アルパカ100%のメランジ・3.000nmの『PILAR(ピラール)』。

アルパカそのものの色(無染色)で
粗野な見た目に反しスベスベ、ぬめり感のある素材です。


























展開カラーは3種類、、で、

上の参考作品をご覧頂ければ分かるのですが
この糸、自然にボーダーになるのです。
(参考作品、一本取りです。キット化予定ありです。)





















スワッチは小さいので、ボーダーと言うよりもブロックになっていますが
巾が出てくるとボーダー状に。

ボーダーが気になる方は
滑り目のあるようなニットを編まれたり、2つのコーンで
交互に段を作ったりすると良いかも。


販売は10月30日(金)の夜からを予定しています。
正式に決まりましたらこちらに追記したり、
Twitterなどで告知いたしますのでお楽しみに!


明日はもう1種類のアルパカ100%糸をご紹介します。


(スタジオエフ/オオスギ)

----------

ブログランキングに参加中!
 ↓↓クリックぜひに*
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿