2014年10月21日火曜日

ペルーからの糸を改めてご紹介です(その1)




























今日はペルー大使館で開催されている
2015秋冬新作毛糸の展示会に行ってきました。

「Passion for ALPACA since 1931」とブランドコピーについているだけあり
アルパカを使った糸はどれも素敵!

まだ1年後ですが、展開が楽しみです。


そして、
そのペルーから新しく入荷していた糸ですが
タグのデザインも無事に許可が下りましたので
今週末、または来週初めごろから販売を開始することにしました。


本日は写真左の糸を改めてご紹介。

段染めのように見える、カラーのロービング糸同士をつないだ
50% Baby Alpaca 50% Fine Merino Woolの糸は
『Baby Merino Flame(ベビーメリノフレーム)」と言います。

一見、ちょっと粗野に見えますが
触るとふわふわでスベっとする感じのある、
とても肌触りのいい素材。
カジュアルな見た目、ラグジュアリーなタッチ。。。。オトナです。





















色は4色。

この巾なので太めのボーダーですが、編み巾や編み地によって
雰囲気はかなり変わりそう!

ちなみに、イベント中にお店に足をお運びいただいたお客様には
先行販売をしていたのですが
さっそく編んでくださっていて、小さなレディが見せに来てくれました。

























可愛いです!!


ちなみに当店の小さなスタッフも
貸していただいて着用。。。































ちょっと辛めの中に効かせる小物なら
このカラーも気軽に取り入れられそう。

この他の3色は、ここまで甘くないので
ニットキャップやスヌードはもちろん、
ちょっと編み柄を入れたり・他の糸と切り替えたりしたウェアも
きっと可愛い くなる気がします。

200gの小巻(直径はハンドボールくらいありそう)の販売で
価格は3,000円+税となっています。


明日は右側にいたコーンの糸、
アルパカ×ハイランドウール×リネンの糸をご紹介しますね!


(スタジオエフ/オオスギ)


----------

ブログランキングに参加中!
 ↓↓クリックぜひに*
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿